TOHO BEADS MEDIA

0063:ビーズラジオ祝60回ゲストは「くらかみゆみこ」さん。緑内障でも明るく、大好きなビーズを続けるビーズ作家さんです


TOBBYです!!

今回のゲストはくらかみゆみこさんです。


くらかみゆみこさんとはホビーショーでよく会うという印象があり、昔からモチーフビーズアーティストとして活動されている作家さんという印象を持っていました。


Facebookなどを見ているとお孫さんの世話などでしばらくビーズモチーフのデザイン活動を休んでおられるように感じていました。


ラジオはこちらから


今回は動画でもご覧いただけるようにしています

動画はこちら



久しぶりにお会いした感想

過去にビーズラジオに出演いただいた山内好美さんが誘ってくれてビーズラジオに出てもらったのですが、なんか久しぶりだな〜って思っていたら、収録の前日のFacebookにも、杖の写真が掲載されていたりして心配していました、、、。


ホビーショーの会場で3,4年前に会ったのが最後でしたが、

久しぶりにお会いして「くらかみ先生」は元気そのもの!!


なんか最後に会った時よりも若返ってるように感じるくらいでした。



緑内障でも楽しくビーズデザイナー

ラジオ収録でいろいろ話を聞いていると

「緑内障で障害者認定されている」ということを初めて知りました。

ビーズモチーフの製作はビーズワークの中でも細かく繊細なテクニック!!

緑内障で視野が狭く見づらいととても難しいのではないかと想像しますが、、


くらかみ先生は元気に

「著者本の本人写真の時にコンタクトレンズを作ろうと検査に行った時に緑内障が発覚してそこから長いお付き合いです」と。



きっと最初に病気を知った時はショックだったと思います。ラジオでお話を聞いてると、「せっかく見えるんだからやりたいことをやろう」そんな前向きな考え方でビーズモチーフ作家を続けておられます。




いろいろなエピソードを聞きましたが、

最初3つくらいしかデザインしていない段階で、書籍の共著(何人かでデザイン)の話が決まった時の話や、


東京に転勤後、全ての面接不合格

大阪から転勤で東京に来た時、

くらかみ先生も働きたいと、いろいろな仕事の面接を受けて、「ぜーーんぶ不合格」だったと、、、、。

そこで、大阪時代にお世話になった出版社にビーズモチーフデザインの仕事をもらうようになる!!


そこからはデザイン、デザイン、デザインの毎日だったそうです。


企業からは「売れるものをデザインしてください」なんて、無茶な依頼も、、、


当時、あちこちウインドショッピングしていろいろなヒントを探して

ものづくりをされたそうです。


どんなものが売れるものか、、、研究してデザイン(例えばスイーツは何が流行ってるか、、など)することをいつも考えておられたそうです。






学生時代にデザイン学校を出られていらっしゃるから、「売れるデザイン」の探し方などもお詳しいのでしょう。