TOHO BEADS MEDIA

0058:ビーズラジオ SDGs!本当の貢献は仕事を作ること!ビーズバッグを作る架け橋をしながら、ネパールの教育環境を整える「マラカールさん」です。


TOBBYです。

本日は、ネパール出身で現在日本にお住まいのマラカール・ディパックさんにゲストでお越しいただきました。


ラジオはこちらから聴いてください!!



マラカールさんとの出会い

マラカールさんは、あるビッグサイトの展示会でお会いしたのがきっかけで、もう、5,6

年くらいのお付き合いになります。


5,6年前に、SNSきっかけで

日本のビーズバッグがなくなる!!という話が話題にあがりました!!

まだまだ日本での何社かビーズバッグの生産をしている会社あります!!


しかし、ちょうどその頃、インドで製造されたバッグは雑貨屋さんなどでもよくう売られていましたが、日本で美智子さまの頃に流行ったような、和装にも使える高級感のあるものはすくなく、職人さんが減ってきているというお話も聞いていました。


日本でも 柏ビーズさん平田袋物工芸さんを筆頭にまだまだ作っているところもあります。


そんな中、カジュアルで、すべての年代の方が

日常使えるビーズバッグを作りたい!!

「手にとった人が感動するようなバッグを作りたい」

と思っていました。


インドの工場にサンプルをお願いしたり、あちこちトライしてみましたが、その当時は、どこでも{OK」という答えを頂いても、作ってもらうところまでできない!!

そんな状況で、半ばインドでの生産を、あきらめていたようなときでした。


ある展示会に出展していたマラカールさんに、「インド人ですか?」と声をかけて、今までのインドでのサンプル作成でうまく行かなかったような話をあれこれ話しを聞いてもらっていたら


「私を信用してください。私はもう、そんな失望はさせません、トライする最後のインド人になります」

と言ってくれました!(ネパール人なんですが、、、笑)


もちろん、今までのインド人とは英語での会話!!そして「やります」「できます」という返答はもらっていましたが


マラカールさんの「信用」という言葉のチカラに

何故かすごい「自信と信頼」を感じました!!


最初にサンプルが上がってきたときの感動は今でも忘れません!!


そこから重さやビーズの量、柄なども試行錯誤に対応いただき!!

いろいろ試作を経てToleranceというブランドの製品が完成!!


アクセサリーとバッグ!!可愛いのができました




マラカールさんとはそんな人です!!


マラカールさんの歴史

マラカールさんは日本に留学してから

ある一冊の本との出会いから、支援や社会貢献ってなんなのかと

考えるようになったそうです。


マラカールさんのお若いころから、ネパールには、子供の教育に関して小学校教育すら受けられていない人たちがたくさんいることが問題になっていたそうです。


ネットで調べると今でも、義務教育を卒業するまで教育を受けている人の割合は60%程度だとのこと、、、、


貧困が理由であったり、ラジオの中でも「カースト」の話が出てきましたが、伝統的にカーストが低いところで生まれると貧困になり、しっかりした教育が受けられない、、、、


そんな現状を変えたいとNGO団体に入り活動を続けたが、




結論、NGO団体も、ネパールにはたくさんできたものの、実際に本当に困ってるところに、どれだけ届いているのかと考えるようになったそうです!!


マラカールさんの考えに変化が


そして