TOHO BEADS MEDIA

0043:ビーズの出版企画編集のプロフェッショナル!!小島みな子さんです。


TOBBYです。皆様いかがお過ごしですか??

ビーズはコロナ渦のおうち需要と、マスクホルダーが売れていること

あとは坂部さんが

ビーズリングの本

マスクストラップの本と2冊も企画を通してくれたことで、ボチボチです\(^o^)/


今回のゲストの小島さんは、書籍に関する編集やプロデュースのプロフェッショナル!!

早速ラジオ聴きながら




いろいろな本の企画をされていますが、ビーズ関連もとても長く関わったかたで、

ビーズフレンドの編集にも関わっておられるかたです。


ビーズフレンドも昔は、芸能人を表紙に使っておられた時期から、



ビーズの作品主体の表紙に切り替わった時期を覚えていらっしゃいますでしょうか?

2018年頃からかと思います!!


きっと、ブティック社さんもそのころ「ビーズ愛好家向けの本にリブランディング」始めたのでしょうかね。

そのころから「小島さん」の編集がスタートしています




その昔あった本で

「マイビーズスタイル」は小島さんが編集していた本だそうです


そこから小島さんは出版社さんに提案をして2002年「マイビーズスタイル」をスタートして7年間編集に関わっておられました


そうやって


「ビーズに関する本に深く関わってこられた方です」


2001年光文社から「ビーズニュース」が発売されそこからビーズブームがさらに進んだようですね。


小島さんは

実業之日本社から1999年に発売された

「ビーズワークス」という本が出版業界ではブームの「さきがけ」だったのではないか、、、と



とおっしゃっています!!


よく売れた本「とりたま」



この本よく売れたみたいですね^_^

今でも電子書籍で扱いなどあるみたいです

こちらから


ビーズ本を作るためには「素敵な作家」さんの存在は必要不可欠!!


常に新しい作家さんを企画編集者さんは探しています。


小島さんはおっしゃいます

「出版は作家さんとの信頼関係」

作家さんの生み出すレシピを本で公開することに対する作家さんの気持ちを大切にすること!!!


ラジオの短時間では聞ききれない程のドラマが一冊の本にはある。


TOBBYは小島さんからそんなことを学びました!!


作家さんが作ったデザインやレシピは作家さんにとって「我が子」のようなもの!!


小島さんはそんな気持ちをしっかり理解している作家さんに寄り添った素敵な企画編集者さん!!


最近はインスタグラムからお声をかけたりする出版社さんも増えているようです!!


人生で一度は著者本を出版したいという方は、ぜひインスタの投稿画像を気合入れて投稿しましょう!!


ぜひ文面や画像にもこだわってください!!


小島さんも定年退職後もフリーで企画編集者として活動は続けておられるようです!!


最近ではビーズ教室にも少し通い始めた小島さん


もともとご自身で作っておられたかどうかはわかりませんが、


作家さんの気持ちに寄り添える小島さんが「ビーズアクセサリーの作り方」まで習得をはじめたら、、、さらにパワーアップしそう^_^


お話しを聞く限り、、、「出版企画が大好き」な人!!


お孫さんとの遊び時間も大切にしながら、


これからも


「作家さんとの信頼関係で丁寧に作った本」


を企画されるんだろうなー


今後も楽しみです^_^


PICK UP ITEM


小島さんが、定年退職後も編集に関わっているビーズフレンド


購入はこちらから



もう一冊、こちらも小島さんが創刊から関わっておられる本だったと思います!


購入はこちらから



皆様からのメッセージなどぜひ

下のフォームからいただけたら嬉しいです!!