TOHO BEADS MEDIA

0005:ビーズラジオ スタンドファームさんとはじめた新事業について



今回はスタンドファーム 松澤裕子さんに電話出演でお話を聞きました。

スタンドファームさんとの出会いはインスタグラムからの一本のメッセージから。

トーホーが運営するPENTA というブランドで

FEEMUEというタイのスラム街の障がい者さんとのプロジェクトを見てくれたのがきっかけでした。





PENTA×FEEMUE(Baan Ring)という商品をPENTAのデザイナーと一緒にスタートしなければ出会うことはなかったかもしれません。


そんなきっかけでインスタにメッセージをくれたのが代表の石丸徹郎さん。

メッセージでビシビシ響いたのは


「日本でもアクセサリーを通じて障がい者の支援につながる文化を作る活動や仕組み作りがしたい」


たしか2019年の頃でした。


「仕組み作り」ってやっぱりすごく大切で、トーホーも海外からの依頼が時々あるんですが、貧困地域の方々に、ビーズを寄付して欲しいなどのお話をいただき寄付させて頂いたこともありました。しかし、寄付させていただいたビーズって、本当に貧困な方々に役に立ってるのかな、、、、


そんなモヤモヤしたおもいがいつも残る、、、


そんななか石丸代表は「一緒に仕組みを」という声をかけてくれた。


こんなきっかけです。


長崎ということで今回は電話で出演いただきました


電話で元気に「はい、もしもし」を松澤さん挨拶などをさせていただき早速スタート


TOBBY

「スタンドファームさんってどんな会社さんなんですか?」


松澤さん

「長崎の諫早市というところにある会社です。スタンドファームという会社が、就労支援B型の事業を行っています。アクセサリーや小物、ロープのプロダクトなどを作って販売しています」


TOBBY

「へーーー、ロープのプロダクトなんかもやってるんですね。どんなものなんでしょうか?」


松澤さん

「実はロープからスタートしていて、そこからコンテンツを増やしていって、アクセサリーなど増やしていきました。ロープではハンモックなどまで作っています」


TOBBY

「へーーー、ハンモックまで作ってるなんて知らなかったー」


就労支援B型の支援ってどんなものなんでしょうか??


松澤さん

「障がいをもたれている方が訓練をする場所とですね、ものづくりやビジネスマナーなども学んで頂く施設です」






TOBBY

「スタンドファームさんって本当にすごいですよね、TOBBYはいろんな就労支援B型の事業施設に行ったことがありますが、場所によっては、結構、内職みたいなことをやってるところが多いですが、なぜスタンドファームさんはこんなに洗練されたデザインとブランディング、ができるんでしょうか?」


松澤さん

「それぞれが得意とするものを伸ばしていく、そこを大切にしています。また、手に取る方の気持ちまで考えてプロダクトを作っています。もちろん長崎からですかトレンドも意識しています」


こんな話をラジオで続けています

ラジオはこちらから



2019年後半からスタートしたプロジェクトなのでコロナの関係もあり本格始動は2021年今年からスタートです。


スタートは銀座伊東屋さんのPOP UPからスタート

2月1日まで銀座伊東屋さん1階で販売しています


in or uの写真


すっごいかわいいアクセサリーたち

これは一つ一つ、障がい者さんたちが考えデザインまでしたもの。


「障害者」という言葉はもう死語です

害なんでどこにもない、全てが個性!!!

これからは「障がい者」とすべてを表記しましょう。


スタンドファームさんとトーホーの活動をぜひ応援ください!!


素材など提供いただける企業さんは

TOBBYまでご連絡ください。

tobby@toho-beads.co.jp


PICK UP ITEM


今回はスタンドファームの松澤さんにセレクトいただきました。


in or u,でも使用しているビーズです










ブランド:in or u

松澤さんの好きな色:747





ビーズはコチラから