TOHO BEADS MEDIA

0001:トーホーが目指すサスティナブル




この記事を読んでいただいてる方はご存知と思いますがトーホー株式会社は広島でビーズを製造し国内海外にビーズを販売するメーカーです。ビーズ愛好家の皆様とビーズを販売していただいている世界中の代理店さん、販売いただいている世界中のショップの皆様のおかげて2021年11月で70周年を迎えます。メイドインジャパンの企業として創業者の「打ち込め魂一粒に」の精神で世界的に見ても最高級の品質ビーズとして評価いただけるようになりました。

近年のトーホーは「一人でも多くの方にビーズの楽しさやビーズ製品の美しさを知ってもらう」と考えビーズワークの普及のためビーズの学校「日本シードビーズ協会」、完成品ブランドBEADED DNA. PENTA. Tolerance. の運営をスタートしました。日本はもちろん世界中のデザイナーともコミュニケーションをとるなかでいつも感じるのは、国境も人種も「ビーズ」という共通のモノでヒトは笑って話し合える、、、。「ビーズを通じて人がつながり、一生の仲間ができる」ビーズってそんな素晴らしいきっかけにもなっているんだって、、。


今回始めたこのメディアは皆さんにトーホーの活動を含め自由に発信していきますのでよろしくおねがいします。


インドでの出会いから始まったToleranceのストーリー


トーホーは世界中にビーズを出荷しています。ある出張で、インドのとあるビーズの完成品を作り上げる工場の現場を視察したとき、男性の職人達が全く笑顔のない中、一粒一粒ビーズを刺しゅうしている現場を見た。話を聞くと、分業制でパーツごとに職人が交代し