TOHO BEADS MEDIA

0056:ビーズラジオ54回 ゲストはオートクチュール刺繍関連の希少な材料を販売する「小さな手芸屋さん」です



TOBBYです!!ビーズラジオ54回!!


ビーズアートショーでお会いしたきっかけでビーズラジオに出演いただくことになりました。

早速ですがラジオはこちらです



フランスに刺繍の留学をされ、初めてみた素敵な材料に魅了され、

フランスから帰るときに、せっかく勉強したのに、日本で材料が手に入らないと、

困る

そんな人がたくさんいるのではないか


これは、「私みたいに帰国後困るひとがたくさんいる」「自分が欲しいと思ったところにビジネスがある」

=「需要がある」


とてもシンプルですが、最高のビジネススタートですね!!



テレビで、ファッション通信というテレビ番組で、パリコレのファッションショーのランウェイを見て、自分の知らない世界に感動をしたことが、パリに留学されたきっかけということ。


留学費用なども貯金するためにアパレルで働きながら、パリに行きたい、行きたいとかんがえておられたそうです。


最初に、小さな手芸屋さんは、現在九年目!!

今回のゲストはフィロザ美南さんです。


About 「小さな手芸屋さん」

「小さな手芸屋さんはスパンコールとビーズの刺繍のお店です。 このお店を始めるきっかけとなったは、フランス・パリの刺繍学校ルサージュに留学をしていた時のことです。 長年の夢でずっと憧れていたオートクチュール刺繍を習っていました。 見たこともないような綺麗なスパンコールやビーズを使って、まさに芸術的な刺繍ができるのがとても幸せでした。 そろそろ帰国が近いという時、「日本ではこんなにいい材料は手に入らない、どうしたらオートクチュール刺繍を続けることができるだろう」と思ったのです。 この刺繍には糸通しスパンコールが必需品です。日本では見たこともなかったスパンコールです。

私が材料を必要としていたように、同じような境遇の人がたくさんいるのではと気づきました。 日本に帰っても作品作りが続けられるように、刺繍を諦めなくてもいいように、何か自分でやってみようと、それがきっかけとなり小さな手芸屋さんができました。 今ではたくさんの方にお喜びいただけるお店となり、少しずつですが、夢のオートクチュール刺繍の世界を広げられていると感じます。 物作りの喜び、好奇心、そして美しさ、これからも発信し続け、多くの方に届いていけばと思います。

小さな手芸屋さん 店長  フィロザ 美南」

(ホームページから引用)


フィロザさんという名字は、ペンネームかなー、本名かなと思っていましたが、ラジオの中で聞いてみると、留学前のフランスを習っていたときにフランスの方と出会って、ご結婚されたとのことです。

想像するに、フランス語を教えてもらっててて、恋愛に発展したのかな\(^o^)/いい話





フランス語でビーズはペルルって言うみたいですね!!

なんかかわいい!! トーホーペルルって呼ばれているのでしょうか\(^o^)/



スパンコールも、日本ではないような、きれいな色!!

フランスでデザインされたスパンコールなのでしょう!!


トーホーもスパングルとして扱っていますが、こんな色は扱ってない、、、、!!

そして、糸通しであること!!

これがリュネビル刺繍には絶対条件なのでしょう!!


なぜなら、リュネビル刺繍は、糸に通ったビーズやスパングルを反対側からかぎ針でクロッシェする技法!!



準備から、道具、刺繍している最中の楽しさ、そして出来上がりまで、

一連の「行為」すべてが楽しく洒落てるリュネビル刺繍!!!


小さな手芸屋さんホームページ


フィロザさんは、ヴォーグ学園横浜校でオートクチュール刺繍を教えておられます。こちら


PICK UP ITEM